« 新聞配達は二度とベルを鳴らすな | Main | やっと納車 »

October 30, 2004

人形は電気羊の夢を見るか

「イノセンス」 監督・脚本 押井守
友人が面白かったと言ってたので、DVDで観てみました。
でも、申し訳ないけど面白くなかったですね。「ブレードランナー」に「マトリックス」のエッセンスをくわえて、小難しい哲学の引用に終始してるだけだなと言うのが正直な感想です。観客を突き放しているというかなんというか、、
映像はそれなりにすばらしかったんですけれど。

劇中に出てくる小難しい台詞にはそれぞれ意味が込められていて(当たり前か)、それを解説するHPとかも有るらしいのですが、それを読みたくなるほど面白い映画では無かったですね。
友人曰くそれを読めば面白さが分かると言うことなんですが、、、

|

« 新聞配達は二度とベルを鳴らすな | Main | やっと納車 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 人形は電気羊の夢を見るか:

« 新聞配達は二度とベルを鳴らすな | Main | やっと納車 »